ハイゼットカーゴのバッテリー上がりの症状、対処法と交換手順!バッテリーの位置はどこ?充電?ジャンプスタートって何?!易しく解説します!

ハイゼットカーゴのバッテリー上がり解消法

ハイゼットカーゴのバッテリー上がりを「自分で直す方法」をまとめました。
バッテリー上がりは「ジャンプスタートなどの応急処置」と「バッテリーそのものを交換する本格的な処置」の2つがあります。

このコラムでは、目的別にそれぞれの対処法を解説していきます。

また、この記事では「ブースターケーブルやジャンプスターターを使う方法」をまとめています。
「外出中で道具がそろえられない、今すぐバッテリー上がりを何とかしてほしい」というかたは、【カーバッテリー110番】へご連絡ください。

【カーバッテリー110番】は、バッテリー上がり8,800円(税込)~受け付けているカーバッテリー専門の業者です。

出張費は無料、今バッテリー上がりでお困りの方はすぐにご連絡ください。

【自分でできる】バッテリー上がりの対処法は3つ

【バッテリーを充電】
救援車を呼んでジャンプスタート
ジャンプスターター
【バッテリーそのものを交換】
バッテリー交換

バッテリーの充電は車の応急処置のようなものです。
一時的に車が動くようになっても「バッテリー上がりが起きたということは、バッテリーに何らかの異変があった」ということ。

バッテリーを3年以上使い続けているのなら、早めにバッテリーそのものを交換しましょう。

バッテリー交換は少々手間がかかり、多少の車の知識が必要です。
しかし、自分でできれば早く安くでき、交換すればしばらくはバッテリー上がりの心配がいりません。

「出先で困っている」のなら、バッテリーの充電を。
「自宅で時間がある」のなら、バッテリーの交換を検討しましょう。(交換時期、目安はこちら)

作業前にハイゼットカーゴのバッテリー位置を確認しよう!

ハイゼットカーゴのバッテリーは運転席のシートの下にあります。

1.運転席と助手席の下にあるスライドレバーを引き、シートを後ろにスライド

2.リクライニングバーを動かして、背もたれを前に倒したら、シート下にある固定の金具を引き上げる

3.運転席のシートを持ち上げて後ろにひっくり返すと、シートの下にバッテリーがある

作業後は取り出したときと逆の手順でシートを戻してからカバーをかぶせ、金具を戻したら完了です。

ハイゼットカーゴのバッテリー上がり対処法

それでは、さっそくバッテリー上がりを対処しましょう!
【バッテリーを充電】する方法2つからご紹介します。

方法1.ブースターケーブルをつなげる(救援車を呼んでジャンプスタート)

ジャンプスタートとは、ハイゼットと救援車をケーブルでつなぎバッテリーに電気を分けてもらう方法です。

救援車はハイゼットカーゴのバッテリーと同じ12Vのバッテリーの乗用車を選びます。

24Vの大型トラックやハイブリッドカーや電気自動車は救援車になれないので注意してください。

ジャンプスタート バッテリー同士のイラスト

 

1.救援車を用意したらハイゼットのバッテリーとつなぎやすい位置に停車。

2.ハイゼットのエンジンルーム(運転席の下)を出し、ブースターケーブルをつなげる。

3.赤いケーブルをハイゼットのバッテリーのプラス端子につなぐ。赤いケーブルの反対側は救援車のプラス端子に接続する。

4.黒いケーブルを救援車のマイナス端子に接続し、反対側はハイゼットの未塗装の金属部に接続

5.救援車のエンジンをかける。エンジンをふかすように回転数を高めにして5分ほどハイゼットの充電をする

6.ハイゼットのエンジンスイッチをオンにする。エンジンがかかったら成功!エンジンをかけたままにする

7.ブースターケーブルを外す。つなげたときとは逆の手順で、黒いケーブルをハイゼットから外し、救援車から外す。次に、赤いケーブルを救援車から外し、ハイゼットから外し終了

 

方法2.ジャンプスターターを使用する

ジャンプスターターのイラスト

ジャンプスターターとは、救援車なしでジャンプスタートができる道具です。

車のバッテリーに使うモバイルバッテリーで、5,000円~1万円程度で購入できます。
たいていのホームセンターやカー用品店で購入できるため、外出先でも対応できます。

できれば、1台買っておくと安心ですよ。

 

1.ジャンプスターターに付属のケーブルをつなげる

2.エンジンルームを出し、赤いケーブルをバッテリーのプラス端子に接続。
次に、黒いケーブルを未塗装の金属部分に接続します。

3.ケーブルの接続を終えたら、自動で充電が始まる。
少し待つとジャンプスターターに「完了」や充電完了のランプがつく

4.エンジンがかかったら、エンジンを切らずに、ジャンプスターターを取り外す

 

エンジンがかかったら、30分以上走行

ジャンプスタートなどでエンジンがかかったら、20~30分ほどはエンジンをつけたままアイドリングし、その後は30分以上の走行をおこないます。

少し詳しく説明すると、車には「オルタネーター」という発電機があります。
オルタネーターはエンジンの回転数によって発電をおこない、バッテリーに電気を充電します。

オルタネーターが発電した電気で、普段エンジンをかけたり、車のルームランプをつけたりしているんですね。

先ほどジャンプスタートなどでバッテリーを充電しましたが、それはエンジンをかける少しだけの電力です。

またエンジンを切ってしまうと、再びエンジンがかからなくなるかもしれません。
そのため、自分でバッテリーを充電します。

アイドリングだけでも効果はありますが、アイドリングはエンジンの回転数が低いため時間がかかります。

カーオーディオやルームランプなどの走行には不要な電力は控え、30分以上走行してください。

 

バッテリー上がりの対処なら【カーバッテリー110番】におまかせ!

救援車とジャンプスターターでバッテリー上がりを解決する方法をご紹介しました。
しかし「やはりバッテリーを触るのは怖い、大変そうなのでプロにまかせたい」という方は【カーバッテリー110番】にご連絡ください。

出張費は無料、8,800円(税込)~からバッテリーを回復させます。
まずは電話でお気軽にご質問ください。

ハイゼットカーゴのバッテリー交換

バッテリーの交換には、特別な資格や工具は入りません。
軍手とレンチ、新品のバッテリーがあればOK。

念のためバックアップ電源も使うと、より安心できます。

ハイゼットカーゴのバッテリー交換時期はいつ?

車のバッテリーは大体2~3年ほどといわれています。
交換してから数年たってバッテリーが弱っている、バッテリー上がりの可能性があるなら交換しましょう。

バッテリーは寿命が近くなったり、弱くなったりすると以下の症状が出ます。

・スターターは回るが、回転が弱い

・ヘッドランプが暗い

・ホーンの音が小さい

・バッテリー本体が膨らんでいる、粉をふいている

目安として電気系統に異常がでたら、バッテリーをチェックしてください

バックアップ電源がないとメモリーが消えるかも?

たまに「バッテリーを交換したら、車内の時計がズレた。アイドリングストップがうまくいかない」などの不具合が聞かれます。

これは、バッテリー交換に伴い一時的に車の電気系統の電源が落ち、電気系統のメモリーが消えたからです。

メモリー消去を防ぐには、「バックアップ電源」という装置を使います。
バックアップ電源を使うと、一時的ですがハイゼットに電気を送るためメモリーが消えないんです。

しかし、万が一バッテリー交換に失敗してメモリーが消えた場合。
時計のズレ程度ならば自分で直すことも可能ですが…。

「アイドリングストップができない、スマアシがおかしい」などの運転にかかわる異常が出た場合は、自分で直すのはむずかしいでしょう。

すぐに整備工場などに相談してください。

【ハイゼット】バッテリーの交換の仕方

1.エンジンルームを出し、バッテリーを固定するステー(固定金具)を取り外す

2.マイナス端子を外し、次にプラス端子を外す

3.バッテリーを持ち上げて取り外す

4.新しいバッテリーを同じ場所に取り付ける。まず、プラス端子から取り付け、次にマイナス端子を取り付ける

5.固定ステーを取り付けて、がたつきがなければ完成

 

バッテリー交換なら【カーバッテリー110番】におまかせ!

バッテリー交換の方法をご紹介しました。
しかし、「バッテリー交換に自信がない、電気系統をいじるのは怖い」ならば【カーバッテリー110番】にご連絡ください。

【カーバッテリー110番】は、出張費無料、30,100円(税込)からバッテリー交換を受け付けています。
バッテリー交換は、軽トラタイプのハイゼットもOK!

バッテリー交換でお困りならすぐに弊社にご連絡ください。

※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県」です。

ハイゼットトラックとカーゴのバッテリー交換、違いはあるの?

ハイゼットといえば軽トラタイプの「ハイゼットトラック」もありますね。

バッテリー上がりの対処について、カーゴとトラックの違いはバッテリーの場所くらいです。
ハイゼットトラックの場合は荷台の下、目視できる位置にバッテリーがあります。

ハイゼットトラックの場合でも、バッテリー交換の手順やジャンプスタートなどの手順に違いはありません。

ハイゼットのバッテリー上がりを予防しよう!

最後にバッテリー上がりをすぐに予防できる、予防方法をまとめました。

・降車時にはルームランプ、ヘッドライトの消し忘れをチェック

・アイドリング中に長時間エアコンをかけない

・週に1度は30分ほど走行する

・2~3年たったらバッテリーを交換する

できることから無理なくはじめて、バッテリー上がりを予防しましょう!

まとめ

バッテリー上がりは気をつけていても起きます。
しかし、予測はできます。

「交換して数年たった、ルームランプをつけっぱなしにしてしまった」など、心当たりがあったらジャンプスタートやバッテリー交換を考えましょう。

また、「ジャンプスタートに自信がない、ブースターケーブルなどを持っていない」という方はお気軽に弊社にお電話ください。

弊社ではジャンプスタートを8,800円(税込)~受け付けています。
出張費は無料、日本全国どこからでも受け付けているのですぐにご相談ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。