フリードでバッテリー上がり!バッテリー上がりの症状は?原因は?予防策はないの!?応急処置やその後の対応をまとめました

フリードのバッテリー上がり対処法

フリードのバッテリー上がりは「自分で直す」「業者に依頼する」のどちらかです。
今お手元にブースターケーブルなどの復旧道具があれば、ガソリン車でもハイブリッドカーでもすぐに自分で直せるでしょう。

しかし急なバッテリー上がりで、復旧道具がないのなら「業者に依頼」しましょう。
この記事では業者に依頼した場合の費用、復旧道具の使い方などをまとめました。
お困りのかたは、ぜひコラムを参考にしてください。

また「自分でおこなうのは不安…」なら【カーバッテリー110番】にご連絡ください。

【カーバッテリー110番】は、8,800円(税込)~復旧をおこなうかバッテリー専門業者です。
会員登録は不要、24時間365日依頼受け付けをしているので、今すぐにでもお使いいただけます。

フリードのバッテリー上がりを直したいなら【カーバッテリー110番】にお気軽にご相談ください。

復旧の道具がない…なら業者へ依頼しよう

バッテリー上がりは道具があれば、自分ですぐに対応できます。
しかし道具がないのであれば、プロに依頼をしてバッテリーを復旧してもらいましょう。

フリードのバッテリー復旧はいくら?業者に依頼してかかる費用

業者への依頼で1番気になる費用。
費用は業者によって異なるため、いくらか依頼をするまでわかりません。

しかし「おおよそでもいいので知りたい!」というかたのために、フリードと同じ普通車のバッテリー上がり復旧費用がいくらか調べました。

平均約1万円(11,547円)という結果でした!

バッテリー上がりの対処費用グラフ 普通自動車

※2021年3月8日調査。
グラフの価格は税込み価格と税別価格が混在しています。

補足ですが自分でバッテリー上がりの道具をそろえた場合の価格は1,000円~13,000円程度です。

後述でも解説しますがブースターケーブルは1,000円~購入できるため、かなり安く復旧ができます。

しかしジャンプスターターを購入すると13,000円ほどかかるため、購入した製品によりますが業者に依頼するのとあまり費用が変わりませんね。

はじめての依頼なら「出張費無料」「365日24時間営業」業者がオススメ

「はじめてのバッテリー上がりでどこに連絡してよいか、わからない」なら出張費無料、365日24時間営業の業者がオススメです。

バッテリー修理を請け負っている会社の中には、対応エリアが決まっている業者があります。

エリアが決まっている業者はエリア外の依頼を受けてくれないか、距離に応じて出張料がかかります。

「はじめてのバッテリー上がりで近い業者がわからない」「土地勘のない場所でのバッテリー上がりで、どこに連絡してよいか知らない」場合は要注意!
「ネットで調べた業者にとりあえずかけたら、出張料がかさんだ」なんて失敗もあるからなんです…。

はじめてなら「出張料無料」と明記されたところが安心です。

また近年は24時間365日営業のバッテリー修理業者も増えてきました。
しかし中には営業時間や受け付け時間が決まっている業者もあります。

業者ごとに営業時間を調べるのは、ちょっと面倒なので「24時間365日営業」と明言している業者に依頼したほうが手っ取り早いでしょう。

オススメは【カーバッテリー110番】!なぜオススメなの?

バッテリー上がりの対処平均費用 カーバッテリー110番と各社の比較

※2021年3月8日調査。
グラフの価格は税込み価格と税別価格が混在しています。

【カーバッテリー110番】は「出張料が無料、24時間365日営業、しかも会員登録不要で使える」バッテリー修理業者です。

【カーバッテリー110番】は日本全国にネットワークがあり、ご連絡いただければ最短5分で現場に直行いたします。

全国対応なので出張料はもちろん無料です!

バッテリー上がりは急に起きるため道具の用意など準備がむずかしいですよね…。
しかし!【カーバッテリー110番】は面倒な会員登録なし、24時間365日バッテリー上がりが起きたらすぐにお使いいただけます。

フリードの場合、バッテリー上がりに8,800円(税込)~対応!

ガソリン車はもちろん、ハイブリッドカーもOK!
お気軽に【カーバッテリー110番】にご連絡ください。

フリードのバッテリー上がりの症状、似た症状

「道具があるので自分でバッテリー上がりに対処したい」「自分で愛車を直したい!」というかたは「本当にフリードがバッテリー上がりかどうか?」確認しましょう。

バッテリー上がりなのか確認するポイント

バッテリー上がりが起きるとエンジンがかからないのに加え、電気系統に異常が出ます。
また走行中の走りに異常がなかったか?思い返してみましょう。

【バッテリー上がりの症状】
・ライト類が暗い、つかない。信号待ちになると暗くなる
・パワーウィンドウの動きが遅い
・電子キーが操作できない
・アイドリングストップシステムが不調
・セルモーター(スターター)が回らない

バッテリー上がりと似た症状【すぐ対処できるもの】

バッテリー上がりと似た症状には「すぐ対処できるもの」と「部品系統の故障で対処がむずかしいもの」の2種類あります。

まずはすぐに対処できるものを確認しましょう。

【バッテリー上がりと似た症状】
・ガス欠
・シフトが「P」に入っていない
・ハンドルロック(ステアリングロック)
・電子キー(Hondaスマートキー)の電池切れ
・(道具が必要)バッテリー端子のゆるみ

ハンドルロック(ステアリングロック) 

フリードの車種によっては、防犯装置のハンドルロック(ステアリングロック)機能が搭載されているかもしれません。

フリードのハンドルを左右に動かすと、何かに引っかかる感触はありませんか?

バッテリーが上がってもハンドルに異変はないため、動かないのであればハンドルロックの可能性が高いでしょう。

ハンドルロックはエンジンを切った状態でハンドルを動かすと、自動的にかかります。
エンジンを切った後で、タイヤ位置を直したかたは要注意です。

ハンドルロックの解除の仕方はカンタンです。
シフトがPに入っていることを確認、あとはハンドルを左右に切りながらエンジンスイッチを回してください。

電子キー(Hondaスマートキー)の電池切れ

電子キーを使う車の場合、バッテリーが上がると電子キーが反応しなくなります。
フリードのバッテリーが上がる前に、ディスプレイに「KEY BATT」と電池のマークが表示されていませんでしたか?

この警告灯は電子キーの電池切れを示す警告のため、表示されたらすぐに電池を交換しましょう。

しかしバッテリー上がりか、カギの電池切れなのか、イマイチはっきりしない場合もあります。

電子キーが電池切れでも、バッテリーに十分電気があればエンジンはかかります。
ドアを開けてエンジンをかけて、試してみましょう。

電子キーには、下図のような内蔵キーが組み込まれています。

内蔵キーの取り出し方

※画像はイメージです。実際のカギと形状や引き抜く場所は異なります。

レバーを引きながら内蔵キーを引き出せば、カギが取り出せます。
内蔵キーを使い、フリードのドアを解錠します。

次はエンジンの始動です。
エンジンスタートボタンがついているフリードの場合、電池の切れた電子キーをボタンに押し当てます。

接触させる際には「ホンダのエンブレム」がついた面を、接触させてください。
電子音が鳴ったら、あとはブレーキを踏みながらエンジンスタートボタンを押せばエンジンがかかるはずです。

(道具が必要)バッテリー端子のゆるみ

エーモン工業 バッテリーターミナル (ボルトBタイプ) 錆びない特殊メッキ仕上


楽天で詳細を見る

ターミナル端子とは、バッテリーとプラグを固定する金具です。
ターミナル端子は、通常しっかりと固定されていますが走行中の振動が原因でゆるむ場合があります。

ゆるんだ端子は、隙間ができるためホコリが溜まりやすくなり不具合の原因です。
まずはホコリを取り除き、工具を使って締め直してみましょう。

工具は10ミリのメガネレンチなどがあれば、締められます。
締める際にはレンチがバッテリーの端子に接続しないよう、安全に配慮しながら作業をおこなってください。

エンジンが動かないのは「部品系統」の不具合が原因のことも…

今度は自力で直すのがむずかしい、部品系統の故障についてみていきましょう。
部品系統はめったには故障しませんが、以下のことがないかチェックしてください。

【バッテリー上がりと似た症状】
セルモーター(スターター)の異常
ヘッドライトや室内灯はつくが、エンジンがかからない…
オルタネーターの故障
ライト類がつかない、フリードのバッテリー異常の警告灯がついている
どこからか漏電している
ライト類がつかない、フリードのバッテリー異常の警告灯がついている

原因が上記のいずれかなら、自分で対処するのはむずかしいでしょう…。
整備工場などに連絡し、点検してもらいましょう。

バッテリーが上がるのはなぜ?バッテリー上がりの原因

バッテリー上がりの症状が見られたら、次は思い当たる原因がないか?確かめましょう。
バッテリー上がりには必ず原因があります。

最近以下のことをしませんでしたか?

【バッテリー上がりの原因】
・ヘッドライト、ルームランプがつけっぱなし
・エアコン、カーアクセサリーを長時間
・長期間運転せず停めたままだった
・バッテリー内の液が不足している
・バッテリーの寿命が近くなった

バッテリーは、電気を蓄えることができる大きな電池です。

車が走行している間は、エンジンと連動した発電機「オルネーター」で作られた電気を蓄えています。
その蓄えた電気でエアコンやオーディオ、ヘッドライトなどの電装品(電気を使用する部品)を動かしているのです。

車の走行中は電装品をいくつも使用してもオルネーターによって発電されるため、問題ありません。

しかしエンジンが動いていない停車中は電気が発電されないため、電装品を使用すればするほどバッテリー内の電気が減ってしまいます。

ざっくりまとめるとバッテリー上がりの原因は「バッテリーに溜めた電気よりも、たくさん電気を使ったから」なんですね。

【自分で直す1】ブースターケーブル

ジャンプスタート バッテリー同士のイラスト

バッテリーに電気を送り、エンジンを始動させる方法を「ジャンプスタート」といいます。
ブースターケーブルという赤と黒の送電線を使いフリードとほかの車(救援車)を接続、ジャンプスタートをおこないましょう。

ジャンプスタートは、ガソリン車・ハイブリッドカーどちらにもおこなえます。
ブースターケーブルの価格は1,000円~3,000円程度、カー用品店やホームセンターで購入できます。

【ブースターケーブルの注意点】
・救援車はガソリン車・ハイブリッドカーでもバッテリー12Vのガソリン車のみ。
(下で理由を解説します。)
・ハイブリッドカーが充電するのはボンネットにある「鉛(補機)バッテリー」
シートの下にある「リチウムイオンバッテリー」は触らない。
・フリードのエアコンやオーディオなどは、すべてオフにしておくこと
・エンジンがかかってからケーブルを外すこと
・エンジンがかかったら30分以上は走行し、エンジンは切らないこと
・電子キーの閉じ込めを防ぐため、カギは携帯する※
・万が一セキュリティアラームが鳴った場合は、内蔵キーでドアの開閉をすればOK※

※ドアが開かない、内蔵キーについてはこちらを参考にしてください。

フリードのバッテリーの位置は、ガソリン車・ハイブリッドカー共通。
どちらも基本的にボンネットの中にあります。

【ブースターケーブルの使い方】
1.フリードのボンネットを開けて、バッテリーが見える状態にする。
2.救援車をフリードの近くに停車、フリードと救援車のエンジンやライト類は切っておく
3.フリードのバッテリーのプラス端子に赤いケーブルを接続
4.救援車のバッテリーのブラス端子に赤いケーブルを接続
5.救援車のバッテリーのマイナス端子に黒いケーブルを接続
6.フリードのエンジンの金属部分に黒いケーブルを接続
7.救援車のエンジンをかける
8.しばらく待ち、フリードのエンジンがかかったら成功!エンジンを切らずに降車する
9.先ほどとは逆の手順でケーブルを取り外す
フリードの黒いケーブル→救援車の黒いケーブル
救援車の赤いケーブル→フリードの黒いケーブル
10.30分ほど走行しバッテリーを充電する

【自分で直す2】ジャンプスターター

ジャンプスターターとはバッテリー上がりの車のエンジンをかけられる、携帯式バッテリーです。

昔からジャンプスターターは、整備工場やロードサービスで使われていました。
近ごろは持ち運びができるコンパクトでリーズナブルなものが、多く販売されています。

価格は5,000円から13,000円程度、ホームセンターやカー用品店で購入できます。

ジャンプスターターのイラスト

【ジャンプスターターの注意点】
・フリードのエアコンやオーディオなどは、すべてオフにしておくこと
・エンジンがかかってからケーブルを外すこと
・エンジンがかかったら30分以上は走行し、エンジンは切らないこと
・電子キーの閉じ込めを防ぐため、カギは携帯する※
・万が一セキュリティアラームが鳴った場合は、内蔵キーでドアの開閉をすればOK※
・製品によって取り扱い方法が違うため、使用の前には必ず確認する

※ドアが開かない、内蔵キーについてはこちらを参考にしてください。

【ブースターケーブルの使い方】
1.ジャンプスターターの赤いケーブルをバッテリーのプラス端子に接続する
2.ジャンプスターターの黒いケーブルをバッテリーのマイナス端子に接続する
3.ケーブルをジャンプスターター本体につないだら、送電をスタート
4.充電が完了したら、エンジンをかける
5.エンジンがかかれば成功!ジャンプスターターの電源を切り取り外す
黒いケーブル→赤いケーブル
6.30分以上走行し、充電する

ハイブリッドカーのバッテリーについて

フリードには、ハイブリッドタイプとガソリンタイプがあります。

フリードハイブリッドのドライバーの中には「ハイブリッドカーはバッテリーを2つも積んでいるのになぜバッテリーが上がるの?」「ハイブリッドカーのバッテリーは大容量なはずなのになぜ?」と思うかたも多いようですね。

少しだけ詳しくハイブリッドカーのバッテリーについて解説します。

ハイブリッドカーには2つのバッテリーが積まれている

ハイブリッドカーには、エンジンをかけるバッテリーと走行時に使うバッテリーの2つのバッテリーが搭載されています。

エンジンをかけるバッテリーは、鉛バッテリー(補機バッテリー)
エンジン以外にもライトやエアコンなどの電力も、このバッテリーが電力を送っています。
ハイブリッドカーだけでなく、広くガソリン車や電気自動車にも積まれているバッテリーです。

先の章でジャンプスタートをおこなったのは、この補機バッテリーです。

走行時に使うバッテリーは、リチウムイオンバッテリー(リチウムイオン電池、駆動バッテリー)
リチウムイオンバッテリーは、燃料のガソリンの燃費を抑えるために積まれています。
容量が大きく、バッテリー上がりが起きにくいといわれています。

ガソリン車にはなく、ハイブリッドカー・電気自動車特有のバッテリーです。

リチウムイオンバッテリー(駆動バッテリー)はジャンプスタート不可

ハイブリッドカーがガソリン車とジャンプスタートをおこなうと、故障車だけでなく自車も壊れる恐れがあります。
同様にハイブリッドカー同士も、故障の恐れがあります。

絶対にやめてください。

また万が一リチウムイオンバッテリーがバッテリー上がりを起こすと自力での復旧はできません。
リチウムイオンバッテリーは高圧電流が流れているため、ジャンプスタートは触ることも危険だからなんです…。

普段は鉛バッテリー(補機バッテリー)同様、走行による発電で充電できているため問題はありません。

ホンダを含むメーカー各社でも、リチウムイオンバッテリーのバッテリー上がりにはプロが対処するよう推奨しているため、整備工場などに連絡しましょう。

バッテリーの話を表にまとめると以下の通りです。

ガソリン車 ハイブリッドカー 役割や特徴
鉛バッテリー(補機バッテリー) ・エンジンをかける。
・電気系統に電気を送る
リチウムイオンバッテリー(駆動バッテリー) × ・モーターを使って走行するときの電力
・容量が大きくめったに上がらない
救援車になれるか? なれる なれない
ジャンプスタートは受けられるか? 受けられる 受けられる

バッテリー上がりを防ぐには?

バッテリー上がりはちょっとした心がけで、防げます。
具体的に何をすればよいか?解説しますね!

ライト類の消し忘れに注意!

単純ですがライト類の消し忘れのミスは、バッテリー上がりでもっとも多い原因です。

とくに注意すべきは昼間にヘッドライトを使った場合と半ドアの場合です。
フリードによっては自動でヘッドライトを点灯・消灯するオートライト機能があるため、だんだん減ってきてはいますが…。

昼間に立体駐車場やトンネルの中でヘッドライトを使い、消し忘れてそのまま帰宅。
夜になるまでつけっぱなしに気がつかないのは、よくある失敗です。

またオートライト機能は、ルームランプには対応していません。
半ドアのまま車から降りると、ルームランプつけっぱなしという事態にも…。

降車時にはヘッドライトとルームランプを消し忘れていないか確認しましょう。

渋滞中はカーアクセサリーやエアコンの使用控える

ほとんど止まってばかりの渋滞中は、エンジンの回転数が少ないためバッテリー上がりが起きやすくなります。
できるところから電気の使用を減らしましょう。

まずは不要なカーアクセサリーの電源を切っておきましょう。
スマホ用の充電器やカーナビで見るテレビ放送(ワンセグ)など、走行と関係ないものの使用は控えましょう。

スマホ用には持ち運び用のモバイルバッテリーを使う、テレビ放送(ワンセグ)はタブレットやスマホで見るなど別電源を使うのもオススメです。

エアコンは送風や弱にしておくと電力の消費が抑えられます。
ただし熱中症や体調不良の恐れがある場合は、ムリせず使ってください。

定期的にバッテリーの点検

バッテリーはメンテナンスをおこなうと、寿命が長くなります。
そこでメンテナンスをおこないましょう!

メンテナンスには専用の道具が必要です。
一度そろえれば何度も使えるものが多いので、そろえておきましょう。

点検するバッテリーは、ガソリン車・ハイブリッドカーともに「鉛バッテリー(補機バッテリー)」です。
ガソリン車・ハイブリッドカーともフリードの鉛バッテリーはエンジンルームの中にあります。

バッテリー点検で見るポイントは以下の通りです。

【バッテリー点検のポイント】
液面の確認
下限(LOWER LEVEL)より液面がしたなら、バッテリー液を補充する
電圧のチェック
電圧チェッカーを使い12以下であれば充電や交換が必要
交換日をメモしておく
最後に交換してから3年以上たっていたら、そろそろ寿命

またバッテリー点検中にバッテリーが膨らんでいる、ターミナル端子に粉がついているなどの異変を見つけた場合は、危険です。

すぐに新品のバッテリーと交換してください。

フリードのバッテリー交換&バッテリー上がり【カーバッテリー110番】におまかせ

バッテリーを点検し「電圧が足りない」「そろそろバッテリーを交換したい」と思ったら、【カーバッテリー110番】におまかせください。

【カーバッテリー110番】は、カーバッテリー専門の修理業者です。
バッテリー上がりはもちろん、バッテリー交換もおまかせください。

【カーバッテリー110番】は何がいいの?

【カーバッテリー110番】は、「出張料が無料」「24時間365日依頼受け付け」「会員登録が不要」なバッテリー修理業者です。

24時間365日全国からご依頼を受け付けているため、いつでも、どこでもバッテリー上がりの対処に参ります。
対応エリアは全国、もちろん出張料はかかりません。

あらかじめ必要な会員登録も不要なため、お電話いただければ全国にいる加盟店スタッフが最短5分で現場に直行します!

フリードのバッテリー上がりなら、8,800円(税込)~!
バッテリー交換がご希望でしたら、30,100円(税込)~対応します!

フリードのバッテリー上がり、バッテリー交換でお悩みなら。
【カーバッテリー110番】にお気軽にお電話ください!

※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県」です。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。