レヴォーグのバッテリー上がりは自分でも直せる。バッテリー上がりの原因は何?交換時期の判断法などわかりやすく解説!

レヴォーグのバッテリー上がりは自分でも直せる。バッテリー上がりの原因は何?交換時期の判断法などわかりやすく解説!-min

レヴォーグのバッテリーが上がったら「修理業者に依頼するか」「自分で道具を使って復旧するか?」のどちらかです。
出先で道具を持っていないのであればプロへの依頼がオススメです。
ジャンプスターターなどの道具があるのなら、自力復旧を試してみましょう!

この記事では業者に依頼した際の費用、自分で復旧させる手順やバッテリー交換や時期などをまとめました。
状況と自分にあった方法でレヴォーグのバッテリーを復旧しましょう!

また「今すぐバッテリー上がりを何とかしたい」「対処したいが出先で道具がない」のであればカーバッテリー110番】にご連絡ください
カーバッテリー110番】は、カーバッテリー専門の修理業者です。

全国どこへでも対応、24時間365日依頼受け付け、最短5分で現場に駆け付けます。
レヴォーグのバッテリー上がりを今すぐに解決したいのなら【カーバッテリー110番】にご相談ください。

1. 修理業者にジャンプスタートを依頼する

「ジャンプスタート」とは、バッテリーに電気を送りエンジンを始動させることです。
ジャンプスタートは道具さえあれば、すぐに誰でもバッテリー上がりの対処がおこなえますが…。

急なバッテリー上がりでは、道具を持っていないかたも多いですよね。
道具を持っていないなら「プロにジャンプスタートを依頼する」のがオススメです。

プロってどんな人?費用はいくらかかるの?

バッテリー上がりを起こしたら、バッテリー修理業者に連絡すればバッテリー上がりに対処してくれます。

バッテリー修理業者とは全国にあり、バッテリーの復旧や交換をおこなう専門業者のことです。
会社の規模、対処費用、対応エリアなどが業者によって異なります。

気になる費用は業者によって異なるため、一概には言えません。
ですが!今回はレヴォーグと同じ普通車のバッテリー上がりの対処費が、いくらぐらいなのか調査しまとめました。

結果は平均約1万円(11,547円)でした。

バッテリー上がりの対処費用グラフ 普通自動車

※2021年3月8日調査。
グラフの価格は税込み価格と税別価格が混在しています。

バッテリー修理業者の選び方は「出張料無料」「いつでもすぐに来てくれる業者」がオススメ!

費用がわかったら次は、業者の選び方です。
はじめてのバッテリー上がりで、修理業者をお探しなら「出張料無料」「いつでもすぐに来てくれる業者」がオススメです。

バッテリー修理業者の中には、地域密着で狭い範囲で営業しているだからこそ安い業者があります。
もちろん自宅や土地勘のある場所ならば、そういった業者のほうがお得でしょう。

しかし狭い範囲で営業している業者の中には、対応エリア外は依頼を受け付けないか出張料が距離換算で増える業者もあるんです…。

そのため「旅行先でどこに電話してよいかわからない」「かなり出張料が加算されて、最初に思っていた金額と違う!」というケースもあるんです。

また昨今では24時間営業のカーバッテリー修理業者も増えました。
しかし中には営業時間や受付時間が決まっている業者もあるため、営業時間は確認したほうがよいでしょう。

【カーバッテリー110番】は、出張料が無料!24時間365日いつでも対応!

バッテリー上がりの対処平均費用 カーバッテリー110番と各社の比較

※2021年3月8日調査。
グラフの価格は税込み価格と税別価格が混在しています。

カーバッテリー110番】は全国にネットワークがある、カーバッテリー専門の修理業者です。
依頼は24時間365日受付、お電話いただければ全国どこへでも加盟店スタッフが最短5分で直行します。

もちろん出張料は無料です。

レヴォーグのバッテリー上がりなら、8,800円(税込)~対応いたします。
見積もり後に金額が増えない「コミコミ価格」を提示するため、はじめてのかたも安心してお使いいただけるはずです。

レヴォーグのバッテリー上がりでお困りなら!
会員登録不要!いつでも電話受付の【カーバッテリー110番】にご相談ください!

2. 自力で直す前に。レヴォーグのバッテリー上がりの原因とは?

「自分で愛車のバッテリー上がりを直したい」と思うかたも多いですよね。
そこでここから先は道具を使い自分でバッテリー上がりを復旧させる方法をご紹介します。

最初に「本当にレヴォーグがバッテリー上がりを起こしているかどうか?」を見極めましょう。

バッテリー上がりの原因

バッテリー上がりには必ず原因があります。
原因を突き止めればバッテリー上がりかどうかわかるはず、バッテリー上がりが起こる仕組みを簡単に見ていきましょう。

バッテリーが上がる理由は、主に2つです。
「充電量が電力の消費量に追いつかなくなる」と「バッテリーの劣化」です。
では具体的に何が起きたらバッテリーは上がるのでしょうか?

充電量が電力の消費量に追いつかなくなる

ライト類のつけっぱなし、夏にエアコンを長時間使った、カーアクセサリーの点けすぎなどです。
レヴォーグに限らず車は「エンジンが回転→オルタネーター(発電機)で充電→バッテリーに充電」を繰り返しています。

走行中は比較的問題ないのですが、エンジンの回転が止まった停車中やアイドリング中は発電量が足らず、バッテリー上がりが起きやすくなります。

バッテリーの劣化

バッテリーは使えば使うほど、時間がたてばたつほど劣化します
バッテリーを使い続けるとバッテリー液が減る、バッテリー内部や外部にサルフェーション(電気を通しづらい硫酸鉛の結晶)が発生し性能が落ちるなどの問題が発生するからです。

レヴォーグを製造しているスバルによると、バッテリー交換の目安は約2~3年とのことです。
最後のバッテリー交換から2年以上たっているなら、劣化が原因かもしれません。

3. バッテリー上がりの症状、バッテリー上がりに似た症状を確認

自分でレヴォーグのバッテリー上がりを対処する場合、本当にバッテリー上がりかどうか確かめます。
また場合によってはジャンプスタートをおこなっても、効果がない場合があります。

確認しておきましょう。

バッテリー上がりの症状

【レヴォーグのバッテリー上がりの症状】
  • エンジンがかからない
  • ヘッドライトが暗い、もしくはつかない
  • カーアクセサリーやエアコンなどがつかえない
  • 電子キー(アクセスキー)が反応しない
  • ヒルホールド機能・アイドリングストップがうまく働かない

レヴォーグのバッテリーが上がると、エンジンがかからない、電気系統が機能しなくなります。
電子制御のヒルホールド機能(坂道での走りをアシストするシステム)・アイドリングストップはバッテリーが少なくなると、自動的に働かなくなるため走行中はどうだったか?少し思い返してください。

また電子キーを使う車は、バッテリーが上がると電子キーが反応しません。
バッテリー上がりのレヴォーグに入るには、どうしたらよいか?は次で解説しています。

バッテリー上がり対処の前に確認すること

レヴォーグのエンジンがかからないと、つい焦ってしまいます。
対処を始める前に以下のことは問題ないか?確認しましょう?

【バッテリー上がり対処の前に確認すること】
  • ガス欠ではないか?
  • シフトが「P」に入っているか?
  • ブレーキを踏む力が弱くないか?
  • 電子キー(アクセスキー)の電池切れではないか?
電子キー(アクセスキー)の電池切れではないか?

走行中に警告灯にカギの電池切れを示す「カギのマーク」が出ていたかもしれません。

電子キーの電池がなくなると、レヴォーグのドアは開かなくなります。
そのためバッテリー上がりと同じ状況になりますが、レヴォーグはバッテリーに電気さえあればエンジンができるはずです。

レヴォーグの車内に入って、エンジンを始動させてみましょう。
電子キーには下図のような、非常用カギ「メカニカルキー」が内蔵されています。

内蔵キーの取り出し方

※イラストはイメージです。実際の電子キーと形状やボタンの位置は異なります。
ボタンを押しメカニカルキーを引き出したらあとはカギ穴に差し込めば、レヴォーグのドアが開きます。

次はエンジンの始動です。

  1. シフト(セレクトレバー)が「P」に入っていると確認します。
  2. 電子キーをエンジンスイッチに押し当て、スイッチを押せばレヴォーグのエンジンがかかるはず。

もしもこれでかからなければ、バッテリー上がりの可能性が高いです。
次の自力復旧を試しましょう。

4. 自力で復旧1:ブースターケーブルを使ってジャンプスタートをする

救援車(ほかの車)とレヴォーグをつなぎ、エンジン始動分の電気をもらう方法です。
救援車とレヴォーグをつなぐ際に使うケーブルを「ブースターケーブル」と言います。

ブースターケーブルを使う際の注意点

  1. バッテリー上がりが直ると、自動でロックがかかる場合があるため電子キーは携帯する
  2. 救援車は12Vのバッテリーを積んだ、ガソリン車のみ
  3. オートアラーム(防犯装置)が鳴ったら、電子キーやメカニカルキーでドアを開閉すれば収まる
救援車は12Vのバッテリーを積んだ、ガソリン車のみ

ジャンプスタートは同じ電圧のバッテリー同士を使いおこないます。
レヴォーグのバッテリーは12Vバッテリーのため、ガソリン車のみです。

また電気自動車・ハイブリッドカーはエンジン始動時に高い電流が流れるため、レヴォーグの救援車になるとお互いの車が故障する恐れがあります。
絶対にやめてください。

また現在レヴォーグにハイブリッドカーはありませんが…。
仮にハイブリッドカー同士でジャンプスタートをおこなっても、故障の可能性があるためやめましょう。

ジャンプスタート バッテリー同士のイラスト

  1. 救援車とレヴォーグのエンジン、ライトを切っておく
  2. ボンネットを開けて、レヴォーグのバッテリーのプラスと赤いケーブル(プラス)をつなぐ
  3. 赤いケーブル(プラス)の端を、救援車のバッテリーのプラス端子に接続
  4. 黒いケーブル(マイナス)を、救援車のバッテリーのマイナス端子に接続
  5. 黒いケーブルの端を、レヴォーグのバッテリーから離れたボルトや未塗装部の金属部に接続
  6. 救援車のエンジンをかけ、回転数を高めにしたまま5分ほど待つ
  7. エンジンをかけてかかったら成功
  8. 先ほどとは逆の手順でケーブルを取り外す
  9. レヴォーグの黒いケーブル→救援車の黒いケーブル
  10. 救援車の赤いケーブル→レヴォーグの赤いケーブル
  11. 9. 30分ほど走行し充電する

5. 自力で復旧2:ジャンピングスターターを使う

ジャンプスターターは車の急速充電器です。
後述で「カー充電器」に触れますが、カー充電器はゆっくり時間をかけてフル充電する装置。
ジャンプスターターはエンジン始動に必要なわずかな電力を充電する装置です。

似た製品ですが、用途が違うため購入の際には「緊急用、急速充電」と書かれた製品を選びましょう。
ジャンプスターターはホームセンターやカー用品店にて5,000円~13,000円程度で購入できます。

  • バッテリー上がりが直ると、自動でロックがかかる場合があるため電子キーは携帯する
  • オートアラーム(防犯装置)が鳴ったら、電子キーやメカニカルキーでドアを開閉すれば収まる
  • ジャンプスターターは製品によって使用方法が異なるため、使用前には必ず目を通す

ジャンプスターターのイラスト

  1. レヴォーグのエンジン、ライトを切っておく
  2. ボンネットを開けて、バッテリーのプラス(赤)とジャンプスターターの赤いケーブルを接続
  3. ジャンプスターターのマイナス(黒)とレヴォーグの未塗装の金属部に接続※
  4. 接続が終わると自動で充電が始まるため、完了するまで待つ
  5. 充電が終わり、エンジンをかけてかかったら成功
  6. 先ほどとは逆の手順でケーブルを取り外す
  7. 黒いケーブル→赤いケーブル
  8. 7. 30分ほど走行し充電する

※製品によっては、レヴォーグのマイナスバッテリーにつなぐ場合もあります

6. 自力で復旧3:バッテリーを交換する

バッテリー交換は時間はかかりますが、バッテリーを新品と取り換えるためバッテリー上がりの再発が防げます。
バッテリー交換は特別な資格は要らないため、誰でもおこなえます。
この章では自分でバッテリーを交換する方法をご紹介します。

しかし「バッテリーを外すのは怖い」「自分でおこなうのは面倒…」というかたもいますよね。
そんなときは【カーバッテリー110番】にお電話ください。
弊社はバッテリー上がりだけでなく、バッテリー交換にも対応しているためレヴォーグのバッテリーも30,100円(税込)~交換いたします。

※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県」です。

お気軽に【カーバッテリー110番】にご相談ください!

バッテリーの寿命は2~3年

レヴォーグを製造しているスバルによると、バッテリー交換の目安は約2~3年とのこと。
使用方法にもよりますが、最後の交換から2~3年たったら交換を検討しましょう。

しかしバッテリーは、使い方によって寿命が異なります。
そこでどんな状態がバッテリーの替え時か次で解説します。

点検して替え時を確認

バッテリーの確認にはメガネレンチや手袋などの、道具が必要です。
また確認する際には、レヴォーグのエンジンやライトを切ってから作業をおこなってください。

【レヴォーグのバッテリーの替え時】
  • 無色のバッテリー液が茶色や黒っぽく変色している
  • バッテリー本体が膨らんでいる
  • バッテリー端子に白い粉(サルフェーション)がついている
  • 最後のバッテリー交換から3年以上経過している

レヴォーグのバッテリー交換注意点

  • アイドリングストップ車はアイドリングストップ専用バッテリーを使う
  • バッテリーを取り外すと電子機器の情報が消える恐れがあるため「バックアップ電源」を用意する
  • 火花が出る恐れやショートする危険があるため安全に配慮しておこなう。
  • 古いバッテリーは家庭ごみとして処分できない。

上記のことに気をつけて、バッテリーの交換をおこなってください。

またバッテリーの処分については、カー用品店やバッテリーを購入した販売店が回収している場合もあります。
バッテリーを購入する際に、聞いておくとよいでしょう。

レヴォーグのバッテリー交換方法

レヴォーグのバッテリーはたいてい、ボンネットの中にあります。

【レヴォーグのバッテリー交換方法】
  1. バッテリーについた端子を、マイナス→プラスの順に取り外す。端子はバッテリーとナットで固定されているため、スパナを使えば取り外せる。
  2. バッテリーを固定しているステー(固定しているプラスチックの棒)を取り外す
  3. 用意した新しいバッテリーと交換する
  4. ステーを固定、プラス→マイナスの順に取り付け、ナットを締める

7. 自力で復旧4:フル充電する

Amazon引用 BAL(大橋産業) 充電器
引用:Amazon(2021年6月7日)

先に急速充電器の「ジャンスターター」をご紹介しました。
ジャンプスターターは急速充電できる代わりに、エンジンをかけるわずかな電力しか回復できませんでした。

今度は時間をかける代わりにフル充電ができる「カー充電器」をご紹介します。
ジャンプスターターは5分ほどで充電できましたが、カー充電器は5~10時間ほど時間がかかります。

コンセントとスパナなどの道具が必要なため、時間と道具があるかたは参考にしてください。

またカー充電器は製品によって使用方法が異なります。
使用前には製品の取扱説明書を必ず読んでください。

【カー充電器の使い方】
  1. レヴォーグからバッテリーを取り外す。(レヴォーグのバッテリー交換の注意点、交換方法を参考にしてください。)
  2. バッテリーをカー充電器のそばに持っていく
  3. カー充電器の赤いコードをバッテリーのプラス、黒いコードをバッテリーのマイナスにつなぐ
  4. コンセントとカー充電器を接続、アンペア数を指定したら数時間待つ
  5. バッテリーの性質上充電は100%にならない。そのため90%を越えたら終了
  6. 黒いコード→赤いコードの順に取り外す
  7. バッテリーをレヴォーグに取り付けたら終了

8. レヴォーグのバッテリー上がり対策

バッテリー上がりは、ちょっとした工夫次第で防げます。
そこで、ここからはバッテリー上がりを防ぐ対策についてご説明します。

対策1:電気の使用を控える

バッテリー上がりは、必要以上に電力を消費しなければ防げます。
そのため、オーディオやエアコンなどの電装品やライトは必要でないときは切っておくとよいでしょう。

とくに注意しなければならないのは、渋滞中の電力の使用についてです

止まってばかりでノロノロとしか進まない渋滞中は、エンジンの回転数が低くなります。
バッテリーはエンジンの回転数が高いほど多く充電されるので、渋滞中は電力が溜まりません。

その状態でオーディオやエアコンなどの使用を続けていると、電力の消費量が充電量を上回り、バッテリーが上がりやすくなるのです。

渋滞中はエアコンやカーアクセサリーは必要最低限、不要なカーアクセサリーは切っておきましょう。

対策2:十分発電できるように運転する

バッテリー上がりを防ぐには、定期的に運転することも重要です。
だいたい週に1回、最低でも月に1回は30分~1時間程度車を走らせるとよいでしょう

ただリモートワークや出張などで、長期間車を運転できない場合もあります。
その場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておきましょう。

マイナス端子を外してくと電気の流れが止まるため、バッテリー上がりが防げます。

対策3:古いバッテリーは交換する

バッテリーは使えば使うほど、時間がたてばたつほど、蓄電能力が落ちていきます。
原因は長期間使用すると発生するサルフェーション(電気を通しづらい硫酸鉛の結晶)のせい。

主にサルフェーションが発生するのはバッテリー内部、触れれば炎症の危険があるバッテリー液(希硫酸)の中のため取り除けません…。

また長い間使っているとバッテリー本体にひび割れや変形など、破損の恐れもあるため古いバッテリーは新しいものと交換したほうがよいでしょう。

だいたい2~3年を目安に、交換を検討してください

9. バッテリー上がり、バッテリー交換も【カーバッテリー110番】におまかせください!

レヴォーグのバッテリー上がりは、道具さえあれば自分で解決できます。
しかし「自分でジャンプスタートをおこなうのは怖い」「バッテリーそのものが弱っているようで交換したい」というかたもいるでしょう。

バッテリー上がり、バッテリー交換でお困りならバッテリー修理のプロ。
カーバッテリー110番】にご連絡ください!

【カーバッテリー110番】は出張料がどこでも無料!24時間365日受付!

カーバッテリー110番】は全国にネットワークのある、カーバッテリー専門の修理業者です。
そのため全国どこからでもご依頼に対応、出張費は0円です。
旅行先、職場や自宅どこからでもお気軽にご連絡ください。

しかも!【カーバッテリー110番】は24時間365日いつでも対応!
お電話いただけたら、最短5分で加盟店スタッフが現場に直行いたします。

カーバッテリー専門の修理業者のため、スバルのような国産車からBMWのような外国車まで車種やメーカーを問わず、対応いたします。

レヴォーグのバッテリー上がりは8,800円(税込)~!
万が一バッテリー交換が必要な場合、バッテリー交換は30,100円(税込)~対応します!

※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県」です。

レヴォーグのバッテリー上がり&交換でお悩みなら。
カーバッテリー110番】にいつでもご連絡ください。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。