ハスラーのバッテリー上がりの復活方法!ハスラーのエンジンがかからないなら原因、対処法、予防法を確認しよう!

ハスラーのバッテリー上がりの復活方法!ハスラーのエンジンがかからないなら原因、対処法、予防法を確認しよう!

ハスラーのバッテリー上がりは「ブースターケーブルかジャンプスターター」を使えば、自分でも対処できます。

ハスラーにはハイブリッドカーとガソリン車の2種類ありますが、どちらも復旧方法は同じです。
手順通りにおこなえば、すぐにハスラーが復旧できるので一緒に確認していきましょう!

また「ブースターケーブルもジャンプスターターも、持っていない」「自分で接続するのは不安」なら【カーバッテリー110番】にご相談ください。

【カーバッテリー110番】は、カーバッテリー専門の修理業者です。
お電話いただければ日本全国どこへでも最短5分で加盟店のスタッフが直行します。

深夜早朝いつでも電話OK!日本全国依頼受付中!まずはお気軽に【カーバッテリー110番】にお電話ください。

ハスラーのバッテリーを復活させる方法は、ブースターケーブルかジャンプスターター

出先でもできるバッテリー上がり回復法はふたつ。
「ブースターケーブルを使って、救援車(ほかの車)から電力を分けてもらう」「ジャンプスターターを使い電力を充電する」方法です。

【対処の前に】バッテリー上がりで、ハスラーのカギが開かない場合

ハスラーに限らず、電子キーを使う車はバッテリー上がりを起こすとドアが開かなくなる場合があります。

バッテリー上がりでドアが開かない場合、ハスラーの携帯リモコンの中にある鉄製のカギを使いましょう。

携帯リモコンのロック解除レバーを操作すると、格納されているカギが取り出せます。
後はカギ穴に差し込み使えば、ドアやトランクが開閉できますよ。

また車によっては、バッテリー上がりの復旧後に自動でロックがかかる場合があります。
バッテリー上がりの作業中は必ず携帯リモコン、格納されているカギを所持しておこなってください。

【方法1】ブースターケーブルで電気を分けてもらう

ジャンプスタート バッテリー同士のイラスト
イラストのようにケーブルでハスラーとほかの車のバッテリーをつなぎ、電気を分けてもらいます。
ほかの車(救援車)から電気を分けてもらいエンジンを始動することを「ジャンプスタート」と言います。

ここで注意!
ハスラーにはガソリン車とハイブリッドカーがありますね。
どちらの場合も、ハスラーの救援車になれるのは「バッテリーが12Vのガソリン車」のみです。
ハイブリッド車や大型トラック(24V)からは、電気をもらえません。

ムリにジャンプスタートをおこなうと、お互いの車の故障につながるのでやめましょう。

ハスラーにはハイブリッド車とガソリン車がありますが、どちらも手順は同じです。

ジャンプスタートの方法

1. ハスラーの近くに救援車を停車する

2. ボンネットを開けて、ハスラーのバッテリーが見えるようにする

3. プラスのケーブル(赤)をハスラーのバッテリーのプラスにつなぐ

4. 救援車のバッテリーのプラス端子にケーブル(赤)をつなぐ

5. マイナスのケーブル(黒)を救援車のバッテリーのマイナス端子につなぐ

6. マイナスのケーブル(黒)をハスラーのエンジンマウントのボルト(もしくは未塗装部の部分)につなぐ

7. 救援車のエンジンをかけて、5分間待つ

8. ハスラーにつないであるケーブル(黒)を取り外し、救援車につないであるケーブル(黒)を取り外す(降車の際にエンジンは切らない)

9. 救援車につないでいるケーブル(赤)を取り外し、最後にハスラーにつないであるケーブル(赤)を取り外し終了。

10. バッテリーを充電するため、30分以上走行する

 

補足ですが、救援車になれるのはガソリン車のみです。
ハスラーに限らずハイブリッドカーは、救援車にはなれません。

ハイブリッドカーは、エンジン始動時に高い電流が流れるため相手の車が壊れてしまうかもしれないからなんです…。

仮に相手がハイブリッドカーであっても、同様に故障の恐れがあります。
絶対にやめましょう。

【方法2】ジャンプスターターを使う

ジャンプスターターのイラスト

ジャンプスターターとは、「車のバッテリー用の充電器」のことです。
カー用品店やホームセンターで手軽に購入できるため、日ごろから車に積んでおくと安心です。

製品によって使い方が異なるため、使用前には必ず取扱説明書を読んでからおこないましょう。
以下はジャンプスターターの一例です。

ジャンプスターターを使う

1. クリップのプラス(赤)とマイナス(黒)を確認

2. ハスラーのバッテリーのプラス(赤)とジャンプスターターのプラス端子(赤)を接続

3. ジャンプスターターのマイナス(黒)をハスラーのエンジンマウントのボルト (もしくは未塗装の部分)に接続

4. プラスマイナスの接続が終わると、自動で充電が始まる

5. ジャンプスターターの充電完了ランプや完了表示がついたら終わり

6. エンジンがかかったら、エンジンは切らずに車を降りる

7. 先ほどの順とは逆に、マイナス端子(黒)、プラス端子(赤)の順で取り外したら終了

8. バッテリーを充電するため30分ほど車を走らせる

出先でもできるハスラーのバッテリー上がり対処法をお伝えしました。
しかし「ハイブリッドカーのハスラーにジャンプスタートをおこなうのは怖い…」「手順を間違えそうで不安」なら、【カーバッテリー110番】へご連絡ください。

【カーバッテリー110番】バッテリー上がりを専門に対処する業者です。
会員登録は不要、お電話いただけたら日本全国どこへでも最短5分で駆け付けます。

ハスラーのジャンプスタートは8,800円(税込)から対応!
バッテリー上がりでお困りなら、【カーバッテリー110番】におまかせください!

バッテリー復活後は充電しよう

ジャンプスタートなどでエンジンがかかったら、次はバッテリーを充電します。

バッテリーの充電方法 昼間に走行がオススメ

復旧したばかりのハスラーのバッテリーは、電力がほとんどありません。

エンジンを切ってしまうと再びエンジンがかかるかどうかわからないため、走行してバッテリーに電力をためましょう。
バッテリーの充電は、時速50キロメートル程度で20~30分くらい走行すれば完了です。

バッテリー上がりは突然やってくるため、対応もむずかしいかとおもいますが可能であれば昼間の走行がオススメ。
昼間であればヘッドライトを使わないため、電力の消費が抑えられるからです。

ただし!悪天候、建物の影やトンネルなど暗い場合には、安全のため必ずヘッドライトを使用してください。

バッテリー上がりは再発しやすい。交換も検討しよう

バッテリー上がりが起きる原因は、さまざまですがもしかしたら「バッテリーの寿命」かもしれません。

ハスラーを製造しているスズキ公式ホームページによると「バッテリーの交換時期は3~4年ほど。しかし、乗る距離が短いかたは2~3年ほど」
目安として「エンジンがかかりにくい」と感じたら、バッテリーの交換時期だそうです。

寿命が近いバッテリーは蓄電の能力が下がるため、バッテリー上がりが起きやすくなります。

また寿命以外でもバッテリーに何らかの不具合があり、バッテリーが上がりやすくなっているのかもしれません。

何度もバッテリー上がりを起こしているのなら、一度バッテリーを交換するとよいでしょう。

【カーバッテリー110番】では、バッテリー上がりの緊急処置はもちろん、バッテリーの交換もおこなっています。

ハスラーのバッテリー交換は、30,100円(税込)~対応!
「バッテリー交換が必要かどうかわからない…」のであれば、相談も可能ですのでお気軽にお声がけください。

※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県」です。

ハスラーのバッテリーを自分で交換したい!

先ほどは出先でもすぐにできるバッテリー上がりの対処法をまとめました。
ここからは、ちょっと時間と道具が必要なハスラーのバッテリー交換方法をまとめました。

バッテリー交換には、高価な道具や特別な資格などは必要ありません。
誰でもできますが、手順を間違えるとハスラーの故障や火花による火災などの恐れがあります。
ひとりでの取り換えが不安であれば、専門業者に相談してください。

【はじめる前の注意点1】ハイブリッドカーで交換するのは「鉛バッテリー(補機バッテリー)」のみ

ハイブリッドカーには、ガソリン車などに広く使われている「鉛バッテリー(補機バッテリー)」

ハイブリッドカーにしか積んでいない「リチウムイオンバッテリー(駆動バッテリー)」の2種類があります。

「鉛バッテリー(補機バッテリー)」は先のジャンプスタートの際に充電したバッテリーのことで、今回交換するのもこちらのバッテリーです。

しかし!
リチウムイオンバッテリー(駆動バッテリー)のほうは取り扱いがむずかしく「取り外し、分解、バッテリー端子を外す」が禁止されています。

万が一リチウムイオンバッテリー(駆動バッテリー)のバッテリー上がりが疑われる場合は、お近くの整備工場などに相談しましょう。

【はじめる前の注意点2】バッテリーは「アイドリングストップ用」のものを使う

Amazon引用 パナソニックカオスバッテリーの写真

引用:Amazon(最終閲覧日2021年5月18日)

アイドリングストップは信号待ちなどのわずかな時間でも勝手にエンジンを停止して、燃料の消費を抑えてくれる便利な機能です。

しかしアイドリングストップの電力の消費が激しく、バッテリーも消耗しやすくなります。

ハスラーのバッテリー交換をおこなうなら「アイドリングストップ専用」のバッテリーを使いましょう。

アイドリングストップ用のバッテリーも、ネットなどで購入可能です。

【はじめる前の注意点3】バッテリー交換をおこなうと、電子機器が初期化される

車からバッテリーを取り外すと、車の電子機器に記録されたデータが初期化される場合があります。

パワーウィンドウの位置など自分で再設定できるものもありますが、中には運転にかかわる重大な不具合が発生するかも…。

そこで初期化の不具合に備え「バックアップ電源」を用意しておきましょう。
バックアップ電源とは、車のバッテリーの代わりに一時的に電気を送る装置のことです。
カー用品店やネット通販で購入できるため、バッテリーと合わせて用意してください。

ハスラーのバッテリー交換方法

ハスラーのバッテリーはエンジンルームの助手席側にあります。
バッテリー交換の手順は以下の通りです。

ハスラーバッテリー交換法

【必要な道具】

  • 10ミリと8ミリのメガネレンチ
  • 軍手
  • バックアップ電源と電源用の電池
  1. 1.バックアップ電源を接続する。プラス(赤)、マイナス(黒)の順に車に接続
  2. 2.バックアップ電源を接続したら、マイナス端子を外し、プラス端子を外す
  3. 3.バッテリーを持ち上げて取り外す
  4. 4.新しいバッテリーを同じ場所に取り付ける。まず、プラス端子から取り付け、次にマイナス端子を取り付ける
  5. 5.がたつきや閉め忘れがないか確認したら、バックアップ電源を取り外す。マイナス端子、プラス端子の順に取り外す

 

バッテリーが上がる原因

先の章までは「ハスラーのバッテリーが上がったらどうしたらよいか?」について解説しました。
ここからは、今使っているバッテリーを長持ちさせる方法についてみていきましょう。

バッテリー上がりの原因を知れば、予防法につながりますよ。

アイドリングストップは電力の使用量が大きい

ハスラーに限らず、アイドリングストップ機能は電力を大量に使います。

アイドリングストップは、走行中に止まったエンジンを何度もかけるため通常の車よりもバッテリーの負担が大きくなるんですね。

バッテリー交換の時期は短め、2~3年程度と覚悟しておきましょう。

内装オプション、カーアクセサリーが多いとバッテリーが上がりやすい

カーナビ、ドライブレコーダーなど電子機器の電力は、バッテリーから供給されます。
中には停車中であっても電力を使うものもあり、つけすぎは厳禁です。

不要であれば外しておきましょう。
また近所の運転であればカーナビやETCなども不要ですので、ジャンプスタート後は一時的に外しておくとよいでしょう。

エアコン、ルームランプなどを使いすぎている

エアコンやルームランプの電力もバッテリーから電力が供給されています。
そのためエアコンやルームランプを使いすぎると、バッテリーが上がりやすくなるんです。

とくにアイドリング中のエアコンの使用は要注意!
発電量が少ないアイドリング中に、電力を使うと発電量が足らずバッテリー上がりになりやすいんです…。

長期間ハスラーを動かしていない、走行距離が短い

車の仕組みは「バッテリーの電気でエンジンを始動→車を走行して電気を作り、作った電気をバッテリーに蓄電」を繰り返しています。

長期間車に乗らない、走行距離が短いと電気が十分にたまらずバッテリー上がりが起きてしまうんです。

月に1度は30分以上走行しましょう。

バッテリーの寿命

バッテリーは消耗品であり、遅かれ早かれ新品に交換しなくてはなりません。

アイドリングストップ搭載車であれば、早ければ2年ほど。
長く使っても5年経つとバッテリーの劣化が心配されるため、新品に交換しましょう。

バッテリー上がり予防方法

原因がわかったところで、予防法について確認しましょう。
ちょっとした心がけでバッテリー上がりは防げるため、できることからおこないましょう。

ルームランプ、ヘッドライトの消し忘れに要注意!

バッテリー上がりでもっとも多いのが「ライト類の消し忘れ」です。

夜間は目立つため気がつきやすいのですが、昼間は要注意!
「トンネルに入ってヘッドライトを付けたが消し忘れた」「うっかりルームランプに触ったが気がつかなかった」など気がつきにくいからなんです。

降車時には目視で、ライトを確認しましょう。

不要なカーアクセサリーは外す

カーナビやカーチャージャー(スマホ用充電器)などのカーアクセサリーの電源は、車のバッテリーから取っています。

数が多ければそれだけバッテリーの電力を消費するため、運転に不要なものは取り外しておきましょう。

スマホの充電は携帯用のモバイルバッテリーにする、など別電源にするといいですよ!

1ヶ月に1度は30分以上ドライブしよう

車のバッテリーは走行して充電する仕組み、走行しなければ電気はたまりません。
そこでとくに出かけるようがなくても、バッテリー上がり防止のため車を走らせるとよいでしょう。

ハスラーを製造しているスズキによると「鉛バッテリー、リチウムイオンバッテリーどちらも、1ヶ月に1度は30分以上走行して充電する必要がある」とのことです。

アイドリングでも、エンジンが動くため多少充電はできますが…。
アイドリングはエンジンの回転数が低く、充電にはむきません。

できれば通常通り車を走らせましょう。

ハスラーのバッテリー上がりは【カーバッテリー110番】へ!

「山の中でハスラーが動かなくなってしまった…」「久々にエンジンをかけたら動かない」
こんな症状はバッテリー上がりが予想されます。

救援車を使うか、ジャンプスターターを使って自分で解決するのが1番早く、安い解決方法なので、試してみましょう!
時間があれば、新品のバッテリーに交換をするのもオススメです。

しかし「自分でケーブルをつなぐのは怖い…」「バッテリー交換なんてやったことがないから不安」というかたは、【カーバッテリー110番】へご連絡ください。

【カーバッテリー110番】ってどんな会社?

【カーバッテリー110番】は車種やメーカーを越えてバッテリー上がりに対応しているバッテリー修理業者です。
全国からの依頼に対応していますので、自宅はもちろん。
旅行先、職場からのご依頼も受け付けています。

依頼は24時間365日対応、夜間や早朝で救援車が見つかりにくい時間帯でも加盟店のスタッフが最短5分で現場に直行!
あなたのハスラーをすぐに直します。

【カーバッテリー110番】でハスラーを直したら、いくら?

【カーバッテリー110番】のエンジン始動サービスは8,800円(税込)~対応!
万が一、バッテリー交換が必要な場合には30,100円(税込)~対応します。

エンジン始動もバッテリー交換も出張料は無料。
見積もり後に、追加料金が増えないためはじめてのご依頼のかたでもご利用しやすくなっています。

ハスラーのバッテリー上がりで今お困りなら、お気軽に【カーバッテリー110番】にご相談ください。
※バッテリー交換の対象エリアは「東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、滋賀県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県」です。

※必ず利用規約、プライバシーポリシーをご確認のうえお問合せください。